東京タクシーで夜勤した場合の給料の相場は?

タクシードライバーの給料は、タクシー会社に所属した場合でも歩合制であるため上手にお客さんを乗せることが出来れば多くの収入が望めます。また多くのお客さんを乗せるためには都市部である必要があり特に東京タクシーの場合には、給料アップのチャンスがあるものです。それとタクシー料金は夜間になると割増料金となるため、東京タクシーで夜勤であれば日本で最も多くタクシードライバーとして給料を得ることが出来ます。

東京タクシーの平均年収は400万円が相場とされていますが、実際のところはその程度の差が大きく大手の東京タクシー会社であれば平均年収は450万円とされていますし、また歩合制の割合によっても実際に得られる給料に差が出てきてしまうものです。なおタクシードライバーは歩合制ですから、上手にお客さんを乗せることが出来れば当然ながら給料も上がるものです。ただ物理的に頑張れる程度というのは決まっていますから、東京タクシーで得られる給料の天井としては800万円ほどと言われています。これは物理的に働ける限度と、法律によって制限されている労働条件によって決まるもので、一般的にはやる気があって上手にお客さんを乗せることが出来るタクシードライバーの場合には、550万円から600万円が相場です。ただ現実的にはお客さんを乗せる商売ですから、その日によって稼げる金額は左右されるため、平均年収を得るのも少し難しいとされます。

東京タクシーに限らず、タクシードライバーとして給料を少しでも多く稼ぎたいと考えた場合には夜勤を選ぶのが一般的です。夜勤の勤務時間は夕方から深夜の時間帯で、メリットは勤務時間のほとんどが二割り増し料金の時間帯であること、また深夜帯になると他の公共交通機関が停止するためタクシー需要がアップすることなどがあげられます。つまり、単価が上がると同時に需要も上がるため多くの給料を稼ぐことが可能です。タクシーで稼ぐためのコツはこちらでも!タクシーの空車率って何?乗車率との関係や空車時間を減らすコツ教えます! 上手く稼げる人であれば5万円以上の売り上げも可能ですし、1日あたりの給料も3万円程度もらえる日も珍しくないなど、条件が整えばタクシードライバーとして稼ぐことが出来る限度額とされる800万円程度の給料を得ることが出来ます。ただ夜勤は心身への負担が大きいため、なかなか続けることが難しいと言われていますから、夜勤のタクシードライバー専門で働いているという人はそれほど多くなく必要に応じて夜勤を選ぶというのが一般的です。

最近の投稿

ページ上部へ戻る