東京タクシーの稼げるドライバーの特徴について

東京タクシーの稼げるドライバーの特徴は、営業時間帯毎に目標を定めて営業しています。何故時間帯毎に目標設定をしているのかと言うと、東京タクシードライバーの仕事は、人を目的の場所に乗せて送り届ける事が仕事で、一言で言えば移動手段の一形態です。だから通勤時や帰宅時など人の移動が集中する時間帯は、比較的利用者が多くて稼ぐ事ができます。逆にそれ以外の移動が少ないお昼などの時間帯は、駅や商業施設などのタクシー乗り場でじっくり待つなど、営業方法やエリアも変わってきます。だから稼ぎ時である通勤と帰宅が集中する時間や、深夜料金になる午後10時以降の終電乗り遅れ時間などの利用者を見つけられて稼げる時間帯に、平均よりも高い目標を設定して集中して稼ぐ事が効率的です。逆に暇な時間帯は、設定金額を抑えて力を抑えて休憩時間などに当てて稼げる時間のために体力を温存する時間にあてるなどメリハリを付ける事が重要です。タクシー運転手を目指す方には全国のタクシードライバーの平均月収は?地域によって差はあるの?もおすすめです!このように時間帯ごとに目標を設定すると、生産性が向上して東京タクシーの稼げるドライバーになれます。

東京タクシーの稼げるドライバーになるために、目標設定をする事が重要だと言いましたが次のようなメリットが考えられます。時間帯別の目標を設定する事で、目標を達成させるための営業方法が明確に決まります。また目標が定まる事で、稼げない時間帯に無理をしなくなり精神的にゆとりが生まれて、交通違反や事故を減らせます。それ以外にも目標まで何回客を乗せれば達成するのかが明確になるので、もしも売り上げ目標に行かなければ、後何回客を乗せればいいのか現状把握をすぐにできます。それによって、その後の営業方法を変更したり、失敗を修正して立て直す事が可能となります。

東京タクシーの稼げるドライバーであっても、始めたばかりの新人ドライバーであっても、通勤や帰宅ラッシュ以外の日中の時間帯での稼ぎは大差がありません。その理由は東京の日中の時間帯は、電車や地下鉄など他の移動手段が多数あるからです。目標を設定する時に注意しなければならない事は、ベテランドライバーはそういった稼げない時間帯に、より高い目標を設けて頑張ろうと無理する事です。無理して稼ぎを伸ばそうとすればするほど、より多くの客を乗せるために信号無視をしたりスピード超過をしたり、それらの危険な運転を繰り返してしまいます。そしてそういった運転を繰り返していると、警察に取り締まられるだけでなく事故を起こして人を傷つけかねません。だから無理に高い目標を定める事に対して、注意する必要があります。

最近の投稿

ページ上部へ戻る