東京タクシー会社で夜勤勤務をしているドライバーの本音を聞こう

東京タクシードライバーの仕事は比較的休日も取りやすく、頑張れば頑張るだけ収入にも反映することから、良い仕事だと思っている人も多いかもしれません。しかし実際のところは、実際に東京タクシードライバーとして働いている従業員にしかわからないことも多いでしょう。転職を考えている人も多いかもしれませんが、東京タクシー会社で夜勤をしているドライバーの本音を聞いてみましょう。この記事を読んでいる方にはこちらの記事もおすすめ!転職を考えている人必見!タクシードライバーは儲かる?個人タクシー?会社所属?違いも徹底比較!まず最初に東京タクシードライバーの勤務時間は特殊であることを覚えておきましょう。一般的なサラリーマンやほかの仕事とは異なり、拘束時間が長いことが一つの特徴となっています。日勤と夜勤、隔日勤務の三つのパターンの働き方がありますが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。隔日勤務とは、1日おきに勤務をする働き方のことを指しています。

この働き方は丸1日働いて丸1日休むといった勤務体系です。1日の勤務時間は21時間程となるものの、この時間すべて働いているというわけではなく、休憩時間をはさみながら働いています。東京タクシー会社の場合にはこの働き方が主流となっていますが、そのほかにも日勤と夜勤で働く人も少なからずみられます。日勤とは朝から夕方まで働き、夜勤は夜から翌日の朝まで働くものです。

東京タクシー会社で働こうと思っている人の中には、夜勤の勤務体系はきつくないのか気になる人も多いでしょう。実際にドライバーとして働いている本音としては、夜勤は慣れればそれほどきつくはないという声が多く聞かれます。生活リズムに体が慣れれば、それほどきつくはないのでしょう。夜勤の時間帯にタクシーを利用する人は、飲んでいて終電を逃してしまった人や、夜に働いている人などがあげられます。特に終電を逃した乗客となると、タクシーで長距離移動となる人が多いので、効率よく収入を稼げるのでうれしいという本音も聞こえます。夜勤の時間は高い収入が得られる可能性もあるので、夜勤専門で働く人も多いのです。

しかし夜勤の場合には深夜の時間帯ということもあり、昼間よりもトラブルに見舞われる可能性があるかもしれません。例えば酔っぱらっている相手からからまれたりすることが挙げられます。しかしこのような時に備えて、ドライブレコーダーが搭載されている東京タクシー会社も非常にふえてきています。とはいえ夜勤となるとトラブルに遭う確率も高まるため、十分な注意が必要といえます。夜勤で働いているドライバーの本音としては、リズムに慣れればきつくはないけれども、トラブルには十分に気をつけたいので、対処法を知っておくが望ましいといえます。

最近の投稿

ページ上部へ戻る