あなたは大丈夫?売れるホームページが絶対にやっていない事とは

世の中にはさまざまなホームページがあり、いろいろな人や企業が情報を発信しています。特に企業や利益を目的としている人であれば、売れるホームページを作る必要が出てきます。情報も整理し、見ている人がわかりやすいページを作らなくてはなりません。また、ただ見ているだけではなく、クリックして商品を購入するなどの商業活動に出る人の人数も重要になります。これをコンバージョン率と言います。売れるホームページはコンバージョン率が高いのです。

では逆に売れるホームページがやっていないことはどんなことがあるのでしょうか。意外と思われるかもしれませんが、トップページにたくさんのバナーを置くことはやっていません。もしたくさんのものを売りたいのであれば、たくさん置いたほうが良いと思うかもしれませんが、消費者は選択肢が多すぎると購入できなくなってしまうのです。これを「ジャム理論」と言います。厳選した商品を置いているジャム屋さんと、たくさんの商品を置いているジャム屋さんでは、前者のほうが売り上げが良くなるという研究結果があります。たくさん商品がありすぎると、人は選ぶことを辞めてしまうのです。売りたいものがあるからと言って、たくさん紹介してしまうのが、実はNGなのです。コンバージョン率を上げる売れるホームページにするためには、商品は厳選しましょう。

また、売れるホームページは画像だけに頼らず、必ずテキストも利用しています。画像は確かに直感的に情報を伝えることができますが、本当の意図を間違ってとらえられてしまう可能性もあります。ですから売れるホームページは画像を使っても必ず解説をしています。もし間違った意味で伝わればマイナス効果です。
売れるホームページは実はあまりお金や時間をかけていないことも多くあります。お金や時間をかけたら良いものができるとは限りません。シンプルな情報ほど伝わりやすく、情報量が多すぎてしまったり、無駄に凝ってしまうのはNGなのです。また、他人が投稿できるタイプのものは、仲間内では良いかもしれませんが、不特定多数向けのサイトとしてはマイナスです。書き込みができる掲示板は設置してはなりません。

売れるホームページを目指すためには、売れなくなってしまう原因を知ることも大切です。何よりも大切なのが解析することを怠らないことです。バナーの位置を少し変えるだけでもコンバージョン率は変わりますし、更新を重ねれば検索サイトで引っかかりやすくもなります。効果を感じられないときでもしっかりとコツコツ更新することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です