売れるホームページとSNSの関係

どんなに優れたコンテンツを作っても、露出させなければ見てもらえません。その露出の起点を作り売れるランディングページに育て上げるのに役立つのがSNSです。
つぶやきによって情報を広げるSNSであれば、コンテンツを広げるためにはこちらのアカウントにフォロワーがいるかどうかがポイントになります。フォロワーがいなければ、売れるランディングページを作って呟いたとしても、気づいてくれるユーザーはほぼ0です。
フォロワーがいれば、呟きを拡散してくれる人もいません。なので、売れるランディングページにするにはまずはフォロワーを獲得することが必要です。
フォロワーを増やすには、そのSNSを使っているユーザーの心理を理解することが大切です。ユーザーは、何かメリットがあるからそのサービスを使っています。
自己顕示欲が強いユーザーであれば、自分のコンテンツを発信してそれをたくさんの人に見てもらい、認めてもらいたいということを望んでいます。
また、情報蒐集のツールとして使っているユーザーもいます。こういう人たちは良い情報を配信しているアカウントをフォローして、有益な情報を効率よく集めようとしています。
もしフォロワーを増やしたいならば、最初は聞き役に徹するといいでしょう。つまり、他のユーザーのコンテンツの露出と拡散を手伝うということです。
具体的には、悩みの呟きを見て聞き役になって親身になったり、相手の記事を読んで良い点を褒めるなどということです。
多くのユーザーは自分のことにしか興味がないというのが本音です。ここで返報性の原理(人は何らかの施しを受けた時にお返しをしたくなる心理)を使うと、こちらの存在を意識してもらえるようになります。
ただし、相手を持ち上げてご機嫌とりをするのが目的ではありません。売れるランディングページ作りのためには、フォローする相手を選ぶことが必要です。
コミュニケーションしやすく、ポジティブな発言が多い、他人のコンテンツもシェアしているような人であれば、こちらを売れるランディングページにしてくれる可能性があります。
常に攻撃的な発言を繰り返していて、返報性の原理も働かないような相手はフォローしない方がいいでしょう。
売れるランディングページを維持するためには、少数でもフォローしてくれた人を大切にすることが大切です。コミュニケーションし続けることで、売れるランディングページに育っていきます。
SNSをうまく活用して、売れるランディングページに育て上げるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です