売れるホームページにはどのくらいのコンテンツがある?

売れるランディングページは、ページあたりの情報量が豊富で、トータルのコンテンツ量が多いのも特徴です。
例えば、1ページを数分で読めてしまう場合は、相当量のページ数で全体が充実させる必要があります。
逆にいえば、1ページの内容を厚くすることで、総ページ数の充実を必要以上に頑張らなくても、売れるランディングページの実現が目指せることを意味します。
つまり、売れるランディングページの基本は情報量の多さで、量と質を合わせて価値が高まることになります。
売れるランディングページの具体的なページ数は、コンテンツ量や質に左右されますが、最低でも50ページ、理想的には100ページ以上が目安となるでしょう。
将来的にランディングページを売りたい、でも売れるランディングページの基準が分からない場合は、この数字を目安に充実させることをおすすめします。
また、売れるランディングページには広がりであったり、意外性が含まれているのも特徴の一つです。
どれだけページ数が多くても、内容が重複して被ってばかりでは、読者はやがて飽きて離れてしまいます。
しかも、一度離れた読者は中々戻りませんから、興味を提供して何時でも期待を感じさせられることが重要です。
広がりとは情報提供の特徴で、ページ間を関連付けながらも、それぞれ違った情報に価値を持たせているのがポイントです。
ページ同士が過度に重複せず、かといってページの関連性が離れ過ぎなければ、読者は常に興味を惹かれてページを移動したり、定期的に何度も閲覧することになります。
売れるランディングページの条件とは、全て読みきるのに時間が掛かる程の情報量があって、更に全ての情報に価値があるという二つが該当します。
どちらか一つが欠けてしまえば、売れるランディングページは成立しませんから、この二点を踏まえて質を高めることが肝心です。
一方、コンテンツ量といっても文章だけとは限りませんし、写真やイラストで情報量を増やしている場合もあります。
売れるランディングページにとって、分かりやすい視覚情報は役立ちますし、時にそれは膨大な文字数をも上回ります。
コンテンツとはいわば、読者に提供する価値を意味しているので、これを充実させて興味を持たせる方向性は合理的です。
反対に捉えれば、読ませる内容がなければ売れるランディングページには該当しませんから、記事の執筆を継続しつつ情報量を増やすことが鉄則です。
読者の心を掴むには意外性を散りばめるのも有効で、マンネリを防ぎ薄れた興味をリフレッシュ出来ることも、売れるランディングページの条件となります。
売れるランディングページを実現したい場合は、情報量を増やすことを念頭におき、内容が充実しているように見せたり、期待感を裏切らない情報提供を心掛けるのも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です