売れるホームページのポイント~ターゲットが女性の場合~

売れるホームページ作りでは、性別も意識する必要があります。
女性と男性では、脳の構造が違うため考え方や感じ方が全く異なります。それぞれの考え方や感じ方の特徴を理解しておかないと、魅力のないホームページだと思われてしまう可能性があります。
女性がターゲットの場合は、難しい理屈などを並べるよりも感性に訴えられるコンテンツにしたほうが売れるホームページになります。男性は数字やグラフなどを見せられると説得力を感じて商品に魅力を感じることもありますが、女性は数字やグラフにはときめきません。
例えば化粧品のホームページで、どれほどの力があるのかという研究データの数字を見せるよりも「潤う」「しっとり」など使用感がイメージしやすいコピーを並べたほうが、その商品に対して魅力を感じさせやすいです。
女脳は使用するシーンや感覚を言葉にして伝えると売れるホームページが作りやすいです。
また、女脳は共感に反応します。先ほどの化粧品の例でいえば「30代になって肌の手入れを忘れがちな方に」などというコピーを入れると「あるある」と感じて反応してもらえます。
男性はこういったことよりも、数字や統計データによる裏付けのあることに対して反応します。数字の方が説得力を感じるわけです。
女脳だと「あるある」と共感して、その悩みを解決してくれる商品であれば「なら買おう」という行動に結びつきます。男性に対しては共感させただけでは説得力が弱いですが、女性であれば共感は強い訴求力によって惹きつけることができます。
ターゲットを絞ることは、売れるホームページ作りには欠かせません。女脳でも数字や統計データの方が好きな人もいるのではないかと思うかもしれませんが、そこは思い切って割り切らないと統一感のないコンテンツになってしまいます。
売れるホームページは、欲張りすぎないことも大切です。万人に使える売れるホームページというのはないと思っておいた方がいいでしょう。
売れるホームページは範囲を絞って見てくれる人に対して作るものです。範囲を絞ってしまえば、どんな人が読むのかもわかりやすくなります。すると売れるホームページに必要な売れる文章を書く時にも、どんな内容だったら読みたいと感じてもらえるのか、ということがわかってきます。
もし運営中のホームページが売れないホームページであれば、ターゲットに対して訴求力を持っているコンテンツに仕上がっているかを見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です