売れるホームページに必要な情報量とは

売れるランディングページを制作するためには、ただ作れば良い訳ではなく、売れるランディングページにするために必要な条件を満たすことを心掛けなければなりません。制作する前の立案段階から適切な設計を行わないと、売れるランディングページになるか売れないランディングページになるかが、ある程度決まってしまいます。
売れるランディングページを作るには、ランディングページを制作する目的を定め、その目的をクリアするために自社戦略を構築することが必要になります。そして目的や自社の戦略がまとまったら、次はコンテンツについて熟考することがポイントになります。コンテンツは、ランディングページに盛り込む情報、つまりメニューの構成になります。
この時に必要となる要素は、コンテンツの内容だけではありません。内容と並んで大事なのが、ランディングページの情報量です。つまり、情報の量はコンテンツの内容と並んで大切な要素であり、売れるランディングページを構築するためには必ず押さえておかなければない要素なのです。どちらか一方だけでは、バランスの悪いランディングページになってしまうからです。
一般的に有効とされるコンテンツの組み立て方は、自社がその分野のエキスパートだとユーザーに思ってもらえるようなコンテンツを配置していく方法です。例えば、ワインを取り扱っている店舗なら、商品情報に加えてテイスティングの仕方、ワインに合う食事メニューなどの情報もプラスすると良いでしょう。輸入食品を販売している店舗であれば、現地でのレシピや食べ方に関する情報などを載せることをお勧めします。こうしたコンテンツをサイトに配置すれば、ユーザーつまり見込み客に有益になる情報を提供することになります。
実際、売れるランディングページではコンテンツ内容が魅力的なだけでなく、適切な情報量が揃っています。ユーザーへの情報提供は、集客の面でも有効ですし、購買意欲を促すことにもつながります。結果的には、自社のために有効になります。基本的に、ユーザーはランディングページの情報を読んでいくうちに興味がわき、「この商品を購入したらどんな良いことがあるのか」と購入したところをイメージします。
商品またはサービスの内容が優れているという条件のもとでは、情報量が多くなればなるほど、欲しいと感じます。売れるランディングページでは、適切で詳細な情報を掲載しているケースが多く、ユーザーに「信頼感があるエキスパート」という印象を与えます。売れるランディングページにするには、こうした信頼感が重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です