売れるホームページは何が違うのか

費用をかけてランディングページ製作会社にサイトを作ってもらったとしても、問い合わせも少なく商品が売れない場合は、一度ランディングページを確認する必要があります。売れるランディングページとそうでないものの間には、明確な違いがあるからです。
まず最初に把握しておきたいポイントは、売れないランディングページで生じがちな、ターゲットの違いです。売れるランディングページでは、ターゲットが明確になり、そのターゲットに向けた工夫が盛り込まれています。一方、売れないランディングページは結果が得られない理由がいくつも存在してますが、多くのサイトはターゲットそのものを間違えていたり、ターゲットを設定せずにランディングページを作っている場合が多く見られます。
売れるランディングページを作るには、本来なら設定したターゲットの特徴に合わせ、ランディングページを最適化していくことが必須条件になります。売れるランディングページとして最適化するためにはいくつかの条件がありますが、売れないランディングページはターゲットを考慮せず、自己都合で作っている傾向が高くなります。例えば、社長あるいは会社のこだわりを自社のランディングページに極端に反映したサイトは、売れないランディングページに陥りがちな典型的パターンです。
ターゲットが求めるのは「自分にとって利点があるか」、「自分の悩みが解決できるか」といった視点でインターネット上で検索をしています。社長のこだわりをターゲットが見ても、ターゲット自身にとって利点がある情報が記載されていないと、何もせずに去っていくだけです。売れるランディングページでは、ユーザーにとってどんな利点があるかを分かりやすく明確に示しています。
また、売れないランディングページでは、ターゲットがそのランディングページでどう行動すればいいか分からないケースもあります。ターゲットが興味を持ったのに、問い合わせ先がサイト上のどこにも記載されていない、あるいは非常に分かりづらいサイトは沢山あります。「分かりにくい」と感じるとストレスになり、そのストレスが行動を起こそうと考えていたターゲットの気分が変わり、別のサイトに行ってしまうことがあります。売れるランディングページを目指すなら分かりやすさを心掛けましょう。電話番号や購入ボタン、問い合わせフォームは目立つ場所に配置しているか確認することです。その点を改善するだけでも問い合わせが増えたり、売上がアップするケースは少なくありません。
さらに、最初にもご説明した通り、ターゲットが求めている情報の記載がないと、売れるランディングページにはなりません。ターゲットにとって、行動を起こしたいと感じる情報を何も載せていないなら、つい行動したくなるような内容をランディングページに盛り込むことができないか、検討してみることをお勧めします。そうした積み重ねが、売れるランディングページにつながっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です