売れるホームページに共通するものとは

売れるランディングページに共通する特徴として、簡潔で、誰が見ても見やすく、読みやすいランディングページであるということが挙げられます。
そのため、ランディングページのどこを見れば、探したい情報が見つかるかが簡単に分かります。
リンクも必要最小限で、重要な項目以外はすべて省いているパターンが多いです。
売れないランディングページはその逆だということです。
集客をもくろんで沢山の飾り付けをして、ごちゃごちゃして見づらく、どこに何の情報が書かれているのかが把握できません。
売れるランディングページには、見やすい色を使用しているケースが多いですが、売れないランディングページは集客率を上げるため、原色を多用している場合があります。
原色は看板や標識などの視認性が求められる場所には向いていますが、ランディングページのサイトに原色を多用しても見づらくなるだけです。
売れるランディングページは見づらい色は決して使いません。
読者が見やすいことを最優先しているので、読者が嫌悪する色は使わないのです。
売れないランディングページは更新が滞っているケースが多いです。
大量のコンテンツを作れるだけ作ったあと、作った本人も量に圧倒されて更新するのを怠った時によく見られます。
せっかく読者からコメントが来ても、自分の都合を重要視して、一週間ぐらい放置している場合があります。
コンテンツを更新しないということは、ランディングページを見に来ている方たちを馬鹿にしているということです。
売れるランディングページはこまめに更新をしています。
そして、まめに読者のコメントに対して返信をしています。
あくまでも読者が最優先であって、自分は二の次です。
売れるランディングページの管理人は返信も一行ではなく、丁寧です。長文は読者にとって読みづらいということを知っているので短文ですが、読者が求めていることを簡潔に答えています。つまり、短くても考える時間を取ってからきちんと返信するのです。
売れるランディングページは読者を馬鹿にせず、読み手が誰なのかきちんと把握しています。
誰のためにランディングページを開設したのか、具体的なターゲットを設定しましょう。
売れないランディングページは情報の絞り込みをしていないので、何が一番伝えたい情報なのかが分かりません。
売れるランディングページは共通して、伝える情報の絞り込みを必ずしています。
メッセージを一つに絞ることで、集客率を上げているのです。
スローガンでも、一つのことを語っている政治家と、あれもこれも語っている政治家では、前者のほうが言いたいことを伝わりやすいです。それと同じです。人は沢山のことを言われると脳の情報処理が追いつきませんが、一言だけなら一瞬で理解できます。
売れるランディングページを作るためにもキャッチコピーのような、簡潔で短い言葉を伝えられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です