グーテンバーグの法則を利用して売れるホームページを作る

インターネットをビジネスで活用することは当然になっていますが、競合する同業者がひしめくWebマーケットにおいて、売れるホームページ作成は不可欠になっています。特に売れるホームページのデザインは、コンバージョンに大きく影響を及ぼす重要なファクターになっており、デザインとコンバージョンの両方にフォーカスしたページにすることがポイントになってくるわけです。来訪者の求める情報を提供し、それが購買行動などの結果につながる売れるホームページにするには、コピーライティングのコツを押さえておくことが大事になります。即ち、コピーライティングにはデザインのノウハウに加えて、マーケティングの手法も採り入れる必要があるわけです。マーケティングが成功できるかどうかは、先ず、商品やサービスがターゲットとしている層にアピールできているかどうかが肝心になります。売れるホームページにするには、商品やサービス自体のクオリティが満たされていなければなりません。但し、こうした条件をクリアしていても、売り上げにつながるとは限らないわけです。最後にものを言うのは、やはりデザインやコピーライティングなどのセールステクニックだと言えます。
サイトを訪れるユーザーの殆どは、ホームページを開いた第一印象で、留まるか退出するか判断します。それ故、売れるホームページにするには、来訪者の視線の動きに合わせて魅力をアピールする必要があるわけです。その為に役立つのがグーテンバーグの法則と言われているもので、現在の新聞のレイアクトにも採り入れられています。グーテンバーグの法則の基礎は、エドムンド・C・アーノルドという人のデザインコンセプトで、ホームページ上での視線の動きを可視化しています。人はホームページを開くと、先ず、左上から右上に視線を移し、そこから左下に移動するという傾向があります。最終的には右下が視線が落ち着く場所となっており、こうした特性を活かすことで売れるホームページにすることが出来るわけです。具体的には、左上にキャッチーなコピーを載せ、商品や画像を配置することで、第一印象に強く訴えることになります。そして、最終的な視線の落ち着き場所である右下には、コール・トゥ・アクションボタンを置くことで、購買行動につながる売れるホームページできるわけです。ファーストビューを印象付けるには、売れるホームページに欠かせないデザインというものがあり、それを押さえておくことで取りこぼしをなくす効果が出てきます。来訪者はサイト全体を読むわけではないので、印象付けたいコピーや画像を背景から浮き出させることで、脳内に強くインプットすることが出来わけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です