売れるホームページは自分でも作れる?

個人としてビジネスでサイトを立ち上げて集客する必要が出て来る場合があります。
商品や製品の販売、あるいはサービス販売ということもあり、業者に依頼すれば売れるランディングページを作ることも割合スムーズに行くかもしれません。人に頼らずに自分で工夫して行くにはどういう点に注意すれば良いのでしょうか。
売れるランディングページ作りではサイトでは訪問者の目の動きというものがあって、これはタイトルやロゴデザインの設置された左上から次第にその下に飛んで順次右下へと流れて行きます。
その際にはサイトの内容をつかんでもらうために写真やテキスト、イラストその他のものを色彩にも気を付けてバランスよく配置し、文面ではインパクトのあるキャッチコピーを設置することが大切です。専門業者の場合ここのところはうまく機知に富んだものが作られますが、研究次第で自分でもこれらに近づけることも可能です。
他のサイトに比較してこのサイトはここが売りである、得になるということを強調し訴える必要があります。
そしてサイトやその経営者の信用が得られるように信条とか理念などを考えておき、掲載することも大切です。
サイト作りではどのような職業や年齢層、性別を対象にするのか決めておく必要があり、これによって訴えることばのかけ方も決まって来ます。
できるだけ具体例を提示してその説明内容で納得してもらう必要があり、その際疑問が生じるものでなくその余地のない説明が必要となります。
そしてサイトを見たことで得るものがあり、これが友人や知人に広がるとさらに相乗効果を持つことにもつながります。貴重な時間を割いても得るものを残すということです。
商売は一時的なものではなく永続性を持たせることが大切で売れるランディングページ作りではまた来たくなると思う売れるランディングページである必要があります。
売れるランディングページ作りでは購入者の声や意見も掲載すると互いにそれを共有することが出来ます。
売れるランディングページ作りでは文字の表示についてはあまりサイズを小さくしないで誰でも視認できる大きさのものにしておく必要があります。
売れるランディングページでは表現についても難しい表現は易しく言い換えて表示するようにします。
自分自身で作った場合にはもし問題があっても気づきにくいものですが、こういう際にはとりあえずアクセスカウンターを設置してアップロードし、アクセス数の変化からどこに問題があるのか、あるいは人気のページがどこなのかをつかみ取り、少しずつ改良を加えるという方法もよくとられます。
売れるランディングページは様子を見ながらページの更新を行い、少しずつでも向上を図ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です