売れるホームページ、ホームページの3秒ルールとは?

売れるホームページを作るには、いくつかのコツが存在します。実際に売れるホームページでは、そうしたコツを全てクリアしているケースが多くなっています。そんなコツの中の一つに、「ホームページの3秒ルール」と呼ばれるものがあります。このルールは、売れるホームページを制作するために重要となるIT用語です。この場合の「3秒ルール」は、ホームページを読み込む時間が3秒を超えてしまうと、ユーザは別のページに移動する、というものです。
売れるホームページ制作には、こうした「ルール」が意外にも沢山あります。心理学などにおける調査研究成果によるもので、Webマーケティング分野では常識とも言われています。「3秒ルール」は、以前は「8秒ルール」と言われていました。つまり、インターネットユーザーの多くは、ホームページが表示されるまで8秒以上時間がかかってしまうと、待つことができずに他のページに移動する確率が高まる訳です。また、このルールに抵触して移動したユーザは、再度そのページを訪れる割合も「極めて低い」と言われています。
ただし、この8秒ルールは、インターネットが低速だった頃の話で、現在は表示されるまで8秒以上かかるサイトは、ほとんどありません。しかし、インターネットが高速化するほど、ユーザの意識もそれに応じて変わってきます。実際に、「8秒ルール」は徐々に「6秒ルール」に名前が変わり、最近は「ホームページの3秒ルール」と呼ばれるようになっています。昔は8秒まで我慢ができていたユーザでも、現在では3秒、もしくは3秒よりも短い時間しか待つことができなくなっているようです。売れるホームページを作成するには、ぜひともこのルールをクリアするようにしないといけません。
現在は「3秒ルール」と呼ばれるようになりましたが、3秒ではなく2秒や1秒というように、ユーザーが待てる時間が短くなっている可能性があります。売れるホームページにしたいなら、できるだけ短い時間を目指し、1秒以内が理想と言われることもあります。売れるホームページを作るためには、表示されるためにかかる時間を可能な限り短くすることが必須条件です。そうでなければ、気の短いユーザーはウィンドウを閉じてしまい、別のページに移動してしまいます。
そんな事態を招かないように、売れるホームページを制作したい場合は、色々な環境のもとでテストを行い、表示時間を正しく測定することをお勧めします。仮に3秒以上かかる場合は、お客様になる可能性がある人を逃してしまっている可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です