売れるホームページ作りに役立つ色彩心理学

売れるホームページのデザインにおいて、サイトの色彩は非常に重要な要素になっています。たとえば、来訪者の趣向に合わない色をメインカラーにすると、それだけで素通りされるリスクが高くなります。仮にサイトの背景が黒一色であった場合、文章が黄色の文字を使っているとしたら読みにくい上に、嫌悪感を感じるわけです。それは、黒と黄色の組み合わせが、世間的には「警告色」として認識されているためで、不安要素をかきたてるからです。それ故、売れるホームページの場合は、先ず、第一印象から落ち着きのある配色になっているわけです。そのように売れるホームページ作成には、色が人の心に与える色彩心理学的アプローチが不可欠になり、色が購買行動に如何に関わってくるかを知る必要が出てきます。
人が購買行動を起こすときに、商品に対する第一印象は匂いや手触り、そして質感よりも見た目であるビジュアルに大きく左右されることが分かっています。売れるホームページにするには此の点を踏まえておくことが重要になります。事実、調査によると8割以上の人が購買行動において、「色」が大きな影響力を持つと回答しています。また、色の使い方によって商品ブランドの認知度もアップするとされており、消費者に対する信頼性を高め、売れるホームページにつなげられます。但し、色に対する印象は文化や人々の性格の違いによって変わるので、売れるホームページにするには、購買ターゲットをどの地域に絞るのかも重要なファクターになってきます。
売れるホームページには、色彩心理学を把握すること大事ですが、具体的どの色が人のアクションに影響を及ぼすかを知る必要があります。黄色は楽観的で若々しいイメージがあり、注意換気に適しています。それ故、商品のアピールポイントに使うことで、来訪者の目を引く売れるホームページになります。赤色はエネルギッシュで心拍数を上げる効果があるので、緊急性を演出する効果があります。セール広告などで使えば、消費マインドを刺激することになります。青色は安心感や信頼性を生み出す効果があり、銀行系のビジネスでよく見受けられます。そして、緑色は心を豊かにする効果があるので、比較的高価な商品の購買意欲を高めることができます。そして、コール・トゥ・アクションボタンに、緑色を使うことで安心感を与えることができ、ボタンを押しやすくするわけです。人はリラックスした状態が、最も購買意欲を高める心理状態になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です