売れるホームページに使える心理学の話

売れるホームページ作成には、人間の性質や行動を研究する行動心理学の応用が効果を発揮します。ホームページの内容やデザインに少し工夫を加えるだけで、来訪者の心を引きつける売れるホームページにできるわけです。人は無意識に他者との交流を求めており、ページ上に人の顔があれば、思わず注目する傾向があります。そして、表情に笑顔があれば、自然と好印象が感じられ安心感を覚えます。特に丸顔で目が大きい人の印象が良くなっており、優しい印象を与えます。このような人間心理はベビーフェイス効果と言われており、男性に対しては女性の、女性に対しては女性の笑顔の写真を載せることで、売れるホームページに近づけられます。また、商品やサービスをアピールする場合は、従業員や生産者の写真を載せることで、親近感を抱かせることができ、売れるホームページにすることが可能です。

売れるホームページ作成には、ターゲットとなる購買層を絞ることも大切です。人混みの中でも自分の名前を呼ばれると気づくように、ターゲットを絞ってアピールすることで、自分に向かってなされているように感じさせることが可能です。たとえば、増毛商品を広告する際に、「薄毛で悩んでいる人へ」よりも「薄毛で悩んでいる50代の人へ」とした方がアピール度は強くなります。また、人は人気がある商品やサービスを価値が高いとみなす心理学的傾向があり、自分も取得することで価値基準を保持することになります。売れるホームページでは、他者の価値基準が消費行動に影響を与えていますが、自分では独自の判断をしているつもりです。また、自分の価値基準が一般的に通用するかどうか確かめるために、口コミなどをチェックすることが多くなっています。それ故、ページ内にレビューを書き込めるようにすることで、購買行動に移らせる売れるホームページにすることが出来ます。

人は他の人とは違ったものが欲しいと思うことがあり、特に女性は他の女性と違ったファッションに拘る傾向があります。中でも希少性に敏感になっており、「最後の一つ」という言葉に弱いものです。それ故、売れるホームページにするには、商品の希少性を探し出して、積極的にアピールすることが大切です。その為のキャッチフレーズとしては、「限定品」や「希少品」等で入手が困難であることを訴えると良いとされます。安易に値段を下げると希少価値が薄くなる恐れがあるので、一定期間は様子を見るのが売れるホームページを運営する秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です