売れるホームページに必要な「売れる文章」を書くポイントとは

売れるホームページ作りに必要なのは、売れる文章です。
コピーは言葉や文章の表現が命と言われることが多いですが、それだと見た目だけ良いだけのコンテンツになってしまいます。これだと中身がスカスカで、肝心の商品の魅力は伝わりません。
売れるホームページのための売れる文章を作成するには、下調べ→執筆→推敲のプロセスの中の、下調べに時間をかけるのがポイントです。美味しい料理を作るためには材料が7割と言われています。それと同じで、売れる文章を書くには準備に時間をかけることが大切です。
商品を売るためには説得力が求められます。売れるホームページにするには、準備に手間をかけるのがポイントです。
どこまで準備するかというと、まるで専門家のように商品について知り尽くすレベルです。仮を十分に伝えられるだけの知識を仕入れるために、特徴を調べたり、優れている点を調べます。それがあることでどんな問題が解決するのか、ないと困るのか、などのリサーチと分析を行う必要があります。
売れるホームページにするための準備では、自分で体験してみるというのも大切です。自分が使ったこともないのに、それを使って欲しいという文章を書いても薄っぺらな内容しか書けません。自分で商品を使ってみたり、企画した人や開発した人、製造した人、販売する人といった関係者に話を聞いてみるという取材のステップも大切です。自分で使うのが難しいならば、実際に使ったことがある人に話を聞いてネタを集めておくといいです。
さらに、文章を書く前に特徴をリストアップしてみましょう。どんな機能があるのか、どんなメカニズムやシステムで動くのか、新しい魅力はあるのか、重さ・サイズなどの特徴と理由、デザインやカラーの特徴と理由、販売する前にどんな試験をしたか、などといった内容です。
いきなり売れるホームページのために文章を書けと言われてもネタがないように感じますが、細かく特徴をリストアップしていくと大量にネタが見つかるはずです。そしてその良さを再発見するのに役立ちます。
そして、売れるホームページ作りに欠かせないのがユーザー視点です。売りたいからといって贔屓目で見たことばかり書いてしまうと、売れるホームページにはなりません。
売り手とユーザーの間には常にギャップがあることを理解して、ユーザーから見るとどうなのかを想像して見ましょう。売れるホームページ作りのための文章は、下準備をしっかり行い、ユーザー視点で考えるのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です