Fパターンの法則を意識して売れるホームページを作ろう

売れるホームページを作成するためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。このポイントを無視してホームページを作ってしまうと、時間をかけた割には売れない、人の目に入らない売れないホームページとなってしまうことが考えられます。
売れるホームページを作りたいのであれば、「Fパターンの法則」はぜひ、押さえておきたいものです。Fパターンの法則とは、人がホームページなどを見る時に、一字一句を読んでいるわけではなく、流し読みをしているということです。そして、その流し読みをしている時の視点の動きはまるでFの字のように推移していくというものです。
つまり、売れるホームページを作りたいという場合には、視線がいきやすいFのラインにそったレイアウトを心掛けるという事が重要ということになります。視線を意識したレイアウトにすることにより、そうでない場合と比べて、見る人が得る情報の量に違いが出てきます。
売れるホームページを作る時の注意点としては、読んでみたいと思われるような小見出しを付けるということです。視線をその言葉に向けるようにすることで、自然とその後の文章にも興味を持つようになります。
そして、ホームページで紹介している製品やサービスを利用することにより、得られるであろうメリットを箇条書きにするということです。長い文章がある場合には、それだけで読む気が失せてしまいます。いくつかのメリットを箇条書きにすることで、ホームページを見る人の視線を立ち止まらせることが出来るかもしれません。
売れるホームページは、読み手に興味を持ってもらうという事に重点をおいています。その為、売れるホームページを作るという場合には、読む人の視点に立ち、何を求めているのか、どのようなことを知りたいのかということを分析する必要があるでしょう。内容は売れるホームページであっても、レイアウトや言葉のチョイスによって、売れないホームページとなってしまっては、もったいないでしょう。
売れるホームページはただ単に、紹介している製品やサービスの特徴やメリットを伝えるものではありません。情報を得たいのであれば、商品やサービスを提供しているメーカーのホームページを確認したほうが早いでしょう。売れるホームページはそれぞれの商品やサービスについてのメリットだけではなく、改善するべき点や要望したい点などのデメリットについても伝えることが出来るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です