売れるホームページの必須条件とは

ビジネスを手掛けている方なら誰しも、売れるランディングページで売り上げを上げたいと思うものです。売れるランディングページを作成するためには、いくつかの必須条件があります。ただし、それはデザインなどに関する問題ではありません。
むしろ、売れるランディングページを作る前段階として、大きなポイントが存在します。場合によっては、ランディングページを作る側に問題があるケースが見られるからです。例えば、ウェブ制作会社に任せきりで、自社が展開するマーケティング戦略を制作会社にほとんど伝えていない場合、売れるランディングページからほど遠いものになることがあります。
では、売れるランディングページを作成するための条件とは何でしょうか。その条件は、サイトで取り扱っている商品またはサービスの特徴によって多少異なります。低価格という特徴だけをアピールする場合は話が別ですが、そうでない場合は、以下で説明する必須条件があります。特に、自分のランディングページが思うように機能せず、売れるランディングページにしたいという方には必見の条件です。
一つ目の条件として、ターゲットを適切に絞り込んでいることが挙げられます。まず最初に、セールスにおいては「誰に向けて」「どの商品を」「どのように」紹介するのか、そしてその商品を購入したら「どんなメリットがあるのか」という点が欠かせない要素になります。ここで言う「誰に向けて」が、ターゲットになります。ターゲットは漠然としたままにせず、可能な限り絞り込みましょう。その際には、目標にした売上とのバランスを考慮する必要があります。
二つ目の条件は、情報を正確に提供することです。自社商品や自社サービスについて、メリットのみを伝えればよいという訳ではありません。商品やサービスには完璧なものがないことを、ユーザー側も知っています。自社商品やサービスにおける強みだけでなく、弱みも正しく把握することが重要です。その上で、ユーザーに対して自社商品やサービスのデメリットも適切に伝えることが大切です。
そして三つ目の条件は、売り込まないこと。ウェブサイトでは売り込んではいけません。逆に売り込みにつながる要素を消す努力をすることをお勧めします。売り込みをするためには、メールでのセールスなどの手法を使いましょう。売れるランディングページを作りたいからといって、サイトに訪問したユーザーに対してすぐ結果を得ることは望まないことです。
四つ目の条件は、「人間が主役」だということをユーザーに想像させること。モデルの写真を使うよりも、社員または経営者の顔をランディングページ上に出すことをお勧めします。そうすれば、ユーザーに「どんな人が提供する商品やサービスか」が伝わりやすくなります。
五つ目の条件は、自身のビジネスへの情熱を伝えることです。例えばブログなら、更新度を高めてみましょう。売れるランディングページにしたいなら、以上の条件を一つずつクリアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です