売れるホームページとLP構築

自社のホームページを売れるホームページにしたいなら、LP構築を意識してサイトづくりをすることが重要になります。見込み客となるユーザーの嗜好、あるいはブランドイメージを考慮したサイトづくりをすることで、集客に繋がるからです。
LPとは「ランディングページ」の略語で、ユーザーが検索あるいは広告のリンクから、最初に訪れるウェブページのことです。売れるホームページのLPのように成果を出すためには、自社でもいくつかのポイントに着目してLP構築する必要があります。よく考えず、単にLPを作るだけでは売れるホームページになりにくいからです。
売れるホームページは、「ユーザの興味を喚起し、納得させて行動させる」という一連の流れが上手く組み立てられています。ユーザーをスムーズに商品購入の申し込みに導くようなLP構築を目指すことが大切です。
では、売れないホームページを売れるホームページにするために、成果を出しやすいLPを作成するコツは何でしょうか。一つ目は、無駄と思われるリンクはなるべく配置しないこと。これは売れるホームページを見てみると分かります。売れるホームページでは、無駄なリンクはあまり配置されていません。LPでせっかく購入や申し込みへの流れを組み立てたとしても、リンク先から自社サイトを離脱されてしまうと、ユーザーに利用してもらう可能性がなくなってしまいます。そうならないために、リンク先は申し込みボタンだけにした方が無難です。
また、売れるホームページでは、申し込みボタンはホームページの中に小まめに配置されていることが多くなっています。小まめに配置することで、ページの途中でユーザーが購入したいと思った時に、すぐ申し込んでもらう工夫がしてあるという訳です。仮にユーザーが購入する気になったとしても、申し込みボタンがどこか分かりにくいと、そのまま別のホームページに移ってしまう可能性が否定できません。チャンスを逃さないためにも、ホームページの区切りがつきやすい場所に、小まめに申し込みボタンを配置することをお勧めします。
さらに、売れるホームページでは、伝えたいことが絞られ、しかも簡潔に表現されています。商品またはサービスをアピールしたいあまり、情報を詰め込みすぎてしまうと伝わりにくくなります。LP構築では、いかにユーザーに「欲しい」と思ってもらえるかがカギになります。つまり店舗で言えば、接客の役割を果たします。ユーザーの興味を喚起すると同時に不安を払しょくし、商品概要や権威付けまで、必要な情報を分かりやすく組み立てるのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です