売れるホームページに必要なコンテンツとは

ソーシャルメディアが普及した現代では、ビジネスにおいて「売れるランディングページ」を製作できるかが成功の鍵となります。実際に、自分が提供するウェブサイトを「売れるランディングページ」にできるかどうかで、マーケティングの結果が全体的に大きく変わってきます。具体的に、売れるランディングページを作成するには、必要なウェブコンテンツというものが存在しますので、まずはその内容と目的を明確にしておく必要があります。
まず簡単に説明すると、アクセス数あるいはコンバージョン率などを含めて、サイト全般のパフォーマンスを改善することを大きな目的にしなければなりません。売れるランディングページを作成するためには、この目的をしっかり押さえておきましょう。商用ウェブサイトに適したコンテンツには、大きく分けて3つの要素が含まれています。その要素とは、「集客」に適している、「教育」に適している、そして「セールス」に適している、といった要素です。この3つ要素の中で、いずれかが欠けても、最大の成果が出せる「売れるランディングページ」にはなりません。
分かりやすくするために、実際の店舗を思い浮かべてみて下さい。仮にどれほど素晴らしい製品を販売している店舗であっても、お客様が全く来ない店舗では売れません。この点が「集客」の要素に関係します。次に、お客様が店舗に来てくれても、丁寧な接客を行い、商品へのニーズを高める工夫をしなければ、購入意欲も生まれません。ここで「教育」的な要素が必要になります。最後に、自信を持ってその商品を勧めることをしなければ、お客様は購入を先延ばしにしてしまうでしょう。そこで「セールス」の要素が必要になるのです。
従って、売れるランディングページには、実在の店舗と同様に、集客、教育、そしてセールスの各要素が必要になります。もう少し具体的な内容を見ていきましょう。「集客」に適しているのは、ソーシャルメディアで無数のシェアを生み、アクセスが集中し、結果的に沢山の「被リンク」を獲得して、「Google」や「Yahoo」などで検索上位に来るコンテンツです。
また、サイトを訪れる人というのは、自分自身で物事について調べたいという意欲がある人が多くなっています。そのため、「教育」的な要素と言っても、セールスマンが行うようなテクニックを用いる必要はありません。自身が提供している商品に興味を抱いた人が読んだ時に、役に立ったと感じてもらえるようなものを準備していることが、売れるランディングページには必須です。
ある商品を購入しようかどうか検討している人が抱くような不安を、きれいに拭い去ることができれば、売れるランディングページに近づくことができます。そのためには、商品デモや商品の特徴ガイドを用意したり、「お客様の声」などを掲載し、説得材料を増やすことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です