顧客心理を利用して売れるホームページを作る

同じ商品を扱っていても、掲載するホームページによって、売れ行きが格段に違ってきます。売れるホームページを作るには、先ず、売れないホームページとは何かについて知ることが大事です。売れないホームページの特徴として多いのが、いきなり商品説明が掲載されていることです。特に、商品に自信がある場合にありがちなことで、説明だけが極端に長くなる傾向があります。加えて、「産地にこだわりました」や「画期的な成分が入っています」等、キャッチコピーをやたら使っています。しかし、これだけでは利用者の心に響くことにはなりません。次に多いパターンが、会社の案内に終始していることです。ホームページの制作を、制作会社任せにすると、なりやすいパターンの一つです。

売れるホームページ制作において、デザインの綺麗さは重要な要素ですが、伝えるべきことが伝わらないと意味がありません。綺麗な写真や耳障りのよいコピーを並べても、利用者に素通りされ、売れるホームページにはなりません。 たとえSEO対策でアクセス数を増やしても、売りたい商品の購入に結びつくとは限らないわけです。事実、月間セッション数が低いにも拘わらず、同類のサイトよりも格段に売上を上げている売れるホームページは沢山あります。その特徴の一つが、一目で魅力が伝わることで、利用者が探している情報が一目で分かることがポイントです。売れるホームページでは、いきなり商品説明をするのではなく、顧客心理に即したキャッチコピーを載せています。その為には、ターゲットを絞ったアピールをすることが大事で、購買層を絞ることでコピーに具体性が出てくるわけです。

売れるホームページにするには、商品やサービスの価値を表現する文章力も必要です。価格だけで勝負しても、持続的に利益を上げ続けるのは難しくなります。一方、商品の魅力で顧客心理を捉えることができれば、長く愛用者としてつなぎとめておける売れるホームページになるわけです。その為には、商品価値について分かりやすい文章でアピールすることが大事です。その中でターゲットの目線を踏まえることがポイントで、自分が言われて効き目のある表現を使うことです。加えて、サイト自体にも魅力がなければなりません。サイトを訪れて直ぐに注文や申込みをする人は殆どいないもので、必ず他のサイトと比較してから購入を決めるものです。再度訪問してもらうには、売れるホームページ作成には、それなりの仕組みや魅力をもたせる必要があります。その一つがメールマガジン登録で、特典などをつけると更に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です