売れるホームページに必要な写真のポイント

ランディングページを作成するには写真やテキスト、イラスト、グラフや図表、場合によってはGifアニメや動画を利用することもあります。
趣味で作成する場合でなければ商品や製品、サービスの販売目的で作られる場合が多いものでその際は売れるランディングページを目的にして制作されます。
まず最初にユーザーが訪れるトップページは検索サイトやリンクをたどってアクセスされることが多いものですが、このページが何のサイトであるかを知ってもらう必要があります。
売れるランディングページとしてトップページは重要であり探しているものが見つからないと判断された場合には即時に他のサイトへ移って行くものです。
そのためには0.4秒ぐらいの時間の判断で行動に移されると思ってデザインを行う必要があります。
売れるランディングページはその点テキストよりはどちらかというとイメージによって伝えるほうが即効性があり表現内容によっては大きく印象が違って来るものです。売れるランディングページでは写真表現はその点効果的とされサイトの内容に直結したものである必要があります。
ビジネス面からはそのページを閲覧したときに欲しい、購入したいとか、食べてみたい、行ってみたい、試してみたいという気持ちを引き起こすものである必要があります。つまり見た人の気持ちを揺り動かすような仕掛けが必要になって来ます。これはあまり日常的な印象では効果がなくなかなか体験したことのない非日常的なイメージという場合のほうが訴求力があります。
写真で良いイメージを使うことは売れるランディングページにするには必須で効果を持ちます。
一般的な消費行動ではAIDOMA理論というのがあります。これは注意をひいて関心を持たせ、欲求がわき起こったら記憶にとどめ、行動に移すという理論です。
年月を経てインターネット利用の時代になるとこれは検索、購買、共有という項目に変わりAISAS理論へと変わって来ました。
売れるランディングページでは注意や関心、興味を持ってもらうことは重要でありこれがなければなかなか売れません。
とりわけ良い写真というものは人をひきつけます。特に子供とか動物は万人の興味の対象とされ女性の画像も多くの人を集めるには効果的とされています。自然や風景画像であってもこれが素晴らしければ人をひきつけるものです。
かわいい、きれい、美しいものは説明なしで確実に人目をひくものです。感情移入すると想像力を働かせることになり、購入してみたい、食べてみたい、行ってみたい、泊まってみたい、住んでみたいといった欲望を満たしたい方向へも進むものです。
そして実店舗では触ることはできても衝動買いもその分多いとされ、売れるランディングページでは冷静に触ることなく疑似体験させてあげることができれば効果を持つものです。
そして売れるランディングページでは文章で詳しく知り、購入窓口へと誘うことが重要とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です