売れるホームページの構成について

少しだけ手法を変えるだけで、自身のランディングページが「売れるランディングページ」に変わる可能性は大いにあります。売れるランディングページを作成するためには、コンセプトはもちろん、サイト構成も十分考えなければいけません。
家を建てることを例に挙げて説明すると、理想的な設計図が手元にないと、計画通りに家を建てることができないのと一緒です。ランディングページを作成する時も、家や店舗を建てる場合と同様に、ランディングページの土台になる設計図とコンセプトをしっかり作ることが必要です。ランディングページにおける設計図は、サイト構成あるいはサイト設計と呼ばれます。
まず最初にサイト設計は、パソコンではなく頭の中で考えたイメージを紙と鉛筆で組み立てていきます。組織図のような形で各ページを示したものがサイト設計で、ランディングページに関する全体像が分かるようになっています。サイト設計を見れば、商品が売れるランディングページであるかどうかも予想がつきます。
売れないランディングページのサイト設計を見ると、店舗の特徴もあまり示されておらず、お客様目線も含まれていない平凡なサイトになっていることが多く、売れるランディングページとはかけ離れています。サイト設計が不完全だと、完成したランディングページは売れるランディングページとは違うものになっていしまいます。極端に言えば、サイト構成によって、売れるランディングページになるかどうかは9割程度決まってしまうのです。
お客様になる可能性がある人が、一度見ただけで「自分のためのランディングページだ」と感じてもらえないと、売上につながりません。そのため、「どのような人に対して、どういったメリットが提供できるランディングページか」がすぐ分かるサイト構成にすれば、売れるランディングページにつながります。ランディングページを見ただけで、すぐ注文や申し込みをする人は多くはありません。ランディングページを見ても商品を購入しなかった人に再訪問してもらい、お客様となっていただくためには、ランディングページの仕組み作りが重要になってきます。
商品あるいはサービスがどれほど良くても、その価値が相手に伝わなければ意味がなくなり、単に価格だけで商品を判断されてしまうこともあります。売れるランディングページを作るには、「この商品を購入するとどんな利点があるのか」、「この会社を選ぶとどんなメリットがあるか」をしっかり伝えるサイト設計を意識的に行うことが大切です。それをクリアできれば集客アップにつながり、売上も違ってくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です